婚活の場面で自身の性格を言い表す場合に、「包容力がある」という言葉で言い表す…

婚活パーティーで自身の性格を言い表すのに、「優しい」という言葉で伝えるの・・

  • 婚活のパーティーなどで人間性について表すとき、「優しい」という言葉で表現するのは無難かもしれません。が、言葉一つだけでは自己アピールにはなっていないため、婚活、という場面では、周囲に埋もれてしまうおそれもあります。したがって、印象に残るようなベストな答えとは言えないでしょう。婚活の場では、短い時間で相手に自分を知ってもらう必要があります。婚活でアピールするためには、どんな言葉で表現するのが正解でしょう?例えば、「包容力がある」ではなく「相手の主張を受け入れる」という、抽象的な表現を減らしてみることから始めましょう。そうしていくと、同じ心の持ち方を伝えるにしても「この人は信用できそうだ」と捉えてもらえやすくなるので、ライバルよりも記憶に残りやすくなります。

    結婚活動で成果を出したいのであれば、いくつかのポイントを抑えておかないとなりません。

  • 結婚活動で成果を出したいのであれば、いくつか気をつけておかなくてはいけません。その注意すべき点とは、「3回目のデート」です。この3回目のデートというのは、その後の相手との進展に多大なる影響を与えることになるおそれがあるからです。ほとんどの人が、初デートのときや2度目のデート時でも、お互いに緊張感が解けにくく、相手に拒絶されてしまうような大失敗を避けやすいものの、3度目を迎えれば、緊張しにくくなり、自分では気づかいないうちに相手に醜態を晒してしまい、その時点で婚活が失敗に終わることもあるのです。「なかなか矯正できない悪いクセを持っている」などのように、悪い癖があるといった人は特に心配しておきましょう。例えるなら、向かい合って会話しているときに爪をかんでしまったり、更に、食べ方が子供じみてたり、誰かに言われれないと気付かない癖があったりするので相手をガッカリさせないように、十分に注意しましょう。

    私が結婚相談所に在籍していた時、紹介してもらった相手のお見合い用に撮られた写真…

  • 以前、結婚相談所に在籍していた頃、相手のお見合い用の写真と実際の姿との違いにびっくりさせられたことは正直言って、少ないわけではなかったのです。女なので、男性を紹介してもらっていたわけなのですが、とりわけ髪の量が(ハゲてるとかではないですが)なぜか全然違うことがあります。初めての待ち合わせの際にその男性を発見することができないほど、写真より髪の毛のボリュームが目に見えて少ないのです。その出来事を特に責める気持ちはないのです。髪が少ないことが嫌だというわけでもないし良くないという訳ではありません。しかしながら「写真の中に偽りがある」というのは、信頼関係に亀裂が生じるのでは?と思ってしまうのです。そもそもお見合い写真を撮る時にそういったボリュームにできるのならば、お見合いの日にも頑張ってセットしてもらいたいですし、もしも、そうできないのならば最初から本当の髪型で小細工せず勝負する方が良いのではないでしょうか。騙されたような気持ちになって、お見合いに関しても感情が入らなくなってしまいます。男の方はしっかりと考えて私と同じように感じている女性は多いはずです。ですから、男性の方はしっかりと考えてお見合い写真を撮った方が絶対に良いと考えます。

    「いつかは子供も持ちたいし、結婚するつもりではいるけ・・

  • 「結婚はするつもりではいるけど、今婚活するのはちょっと早いかも」と考えているのなら、実のところそれは間違いです。特にあなたが女性ならば、婚期を逃さないためにも、20代のうちに結婚活動を意識しておきましょう。世の中は20代の女性と30代とを比べた場合、需要に相当な開きがあります。言うまでもなく、若い女性の方が婚活ではかなりの武器となり、自分の理想と思える男性をゲットする可能性も格段に高くなります。また、婚活は自分で考えている以上にいい男性を見つけて結婚するまでに時間がかかるものです。婚活を始めてから数年のあいだ、あなたの理想とする相手に巡り会えないというような女性は無数にいます。だから、あとで後悔しないためにも、早め早めの結婚活動が大切になるのです。

    結婚についての情報が載っているゼクシィという結婚情報・・

  • 結婚準備などについて書かれたゼクシィという結婚情報誌の宣伝を一度は見たこともある人は多いと思います。よく知られている、ゼクシィのマッチングサービスであるゼクシィ縁結びは、入会した方のなんと5人中4人、つまり、約80パーセントが利用開始日から約6ヶ月の価値観の合う相手との出会いを経験しているといったデータが存在しているとおり、真面目な気持ちで婚活したい人にお勧めのサービスではないでしょうか。それに、婚活経験が浅い人にとってもゼクシィ縁結びを検討されると良いです。大手企業である「リクルート」が運営しているという部分も安心感があります。専任のプロコーディネーターがいて、直々に婚活の指南、軌道修正をしてくれるので、とっても安心感があります。なので、もしも婚活サイトを利用してみたいけどどこに入会したらよいかわからず困っている、という婚活初心者の場合や婚活の流れを知っておきたいと思っているのならぜひ、ゼクシィ縁結びで始めてみてはいかがでしょう?価格もはじめやすい価格で、控えめなので、安心して始められますよ。

    婚活について知識のなかった私の場合、結婚活動の成功確率を高めるために・・

  • それまで婚活についてほとんど知識のなかった私は婚活していくにあたって、テレビ番組の情報から学ぼうとしましたが、番組内の婚活している人を見てると、「もっとがんばろう」という気持ちになれます。それで私も婚活でするパーティーにも参加したいと思うようになりました。またそういう番組では、婚活の様子だけでなく婚活イベント内で使えるテクニックが頻繁に紹介されていました。知識の乏しい自分にとってはたくさんのことを学ぶことができましたし、そこで、「自分を必要以上に飾らない」が大事なことなんだと学びました。要は、ありのままの自分をさらけ出し正直な姿を見せることで相手も信頼してくれるのです。今後の婚活では、このテレビでの情報を生かして婚活をがんばってみようと思います。

    お見合いパーティーには様々な人が来られています。本来の目的とは違いますが・・

  • お見合いパーティーなどの婚活イベントには色々な方々が出席しています。本来の目的とは違いますが、結婚相手ではなく女友達や合コン相手を求めている人もいらっしゃいますし、まじめに、本来のイベントの意図に沿って交際相手や結婚相手を見つけに来た男性も、もちろんたくさんいます。女友達とか合コン相手を探している場合は、先の婚活につながることもあります。ですが、参加者の中には女性と付き合う気など全くなく、単に遊ぶ相手を求めているケースも非常に残念ながらあるそうです。私が出会った男性の中に、「今晩どうですか?」と開口一番に聞いてきた方がいました。「は?」と問い返しましたが、その男性は「夏だから解放された気持ちになるので、女の方もそういう気分で来ている人が絶対いると思う」という訳でした。もちろん断ったのですが、私を誘ってきたその男性は最終的にカップル成立していたので、参加されていた女性陣の中にも本当にその男性が話したような考えの人がいたという訳です。とってもびっくりした経験でした。

    婚活(結婚活動)を続けていたら、実に興味深い相手との出会い・・

  • 婚活を続けていると、興味深いと感じる相手との出会いも意外とあります。そのなかでも、一番強烈だったのが婚活イベントの最中に、自分の家族と連絡をマメにしている相手がいたことで、正直言って引いてしまいました。家族仲が良いのは悪いことではありませんが、婚活イベント中に連絡する必要があったのでしょうか。その男性の初めの印象は悪くなかっただけにそういった場面を見ることがなければ、その人にアプローチしていました。だけど、常に連絡をしているので、婚活に集中できなかったし、見ているうちに気持ちが冷めていきました。もし、この手の人と一緒になったら、結婚生活を軽視し、自分の家族を優先しそうだったので、脈はないな、と切るという決断に至りました。言うまでもなく、不思議な光景でした。

    かりに本気で結婚活動をしている最中で、できる限り早…

  • もしあなたが、真剣に結婚活動に打ち込んでいて、すばやく結婚相手を見つけて結婚してしまいたい、と希望されるのなら、相手もあなたと同じレベルの本気で結婚したい人を探さないと目標は達成できません。結婚活動でするパーティーの参加者は、真剣な人に混じって気軽に恋愛からはじめたいと思っている人、婚活初心者の人など、いろんな人がそれぞれの目的を持ちながら参加しています。そのような参加者の中から本気な人を見つけたいなら、一人で参加している人をパーティー内で見つけどんどんコミュニケーションを図ってみてください。どうしてかというと、婚活パーティーでひとりで来ている人は、友人と一緒に参加している人よりも、早く結婚したいという想いが強めの人が大多数だからです。

    知っている人の話ですが、「婚活パーティーや、結婚相談所などを通・・

  • 知っている人の話ですが、「結婚活動パーティーに参加したり、結婚相談所を通してひたすら真面目に結婚活動に取り組んでいるつもりなのに、中々良い結果がでない」そういった悩みを抱える女性が、とあることをしただけでめでたく、婚活が成功してしまいました。思いもかけないことですが、その方法というのは、単に女性を見つけにくいほど男性に囲まれた職種に転職しただけです。そのような職場の一例としては、肉体労働系、IT関係に関連する業種です。そのような場所では、女性自体が本当に少なく、必然的に職場内での恋愛に発展しやすく、また、結婚のチャンスが無数に転がっているのです。仮に何度も、婚活パーティー、結婚相談所といった場所へ通ったけれど、まったく進展がないのなら、思い切って職場を変える、といった切り口で攻めて見るのもアリかもしれません。

    婚活していくうえで、相手の誠実さや、見た目の真面目な雰囲・・

  • 婚活をするにあたって、誠実な性格や、見た感じの真面目さが大事だと考えられがちですが、実際には、そうでもないようです。いざ結婚活動が目的で開催されるイベントに行ったら、実際は、会話スキルが重要で、楽しい話をしてくれて、絶えず笑わせてくれるような人に人気が集まるのを目の当たりにします。男子なら、真面目に生きてきただけの冗談の通じない人よりも女性に慣れているような相手の心を掴む術を持った人の方が女性をゲットする可能性が高い傾向にあります。一方、女性の場合だと、清純そうでおしとやかな人が理想ですなんて男性は言うものの、ほどほどにとどめておくのが良いでしょう。なぜなら、遊びのあの字も知らない様な女性には面白みを感じられないからなのです。男であろうが女であろうが、どちらの場合であっても、とにかく楽しい話しができる人でいることが婚活では有利になると覚えておきましょう。

    結婚活動(婚活)をしている女性に身に付けてもらいたい色があります。

  • 婚活中に女性に、ぜひ身に付けてもらいたい色があります。それは、結婚運をアップさせてくれるピンクです。婚活が目的で行われているイベントの場や毎日の生活の中にもラッキーカラーである「ピンク」を取り入れてみてください。だけど、ピンクにも様々なピンクがあります。取り入れてほしいピンクは、どぎつい蛍光色ではないので、そこだけ意識しておきましょう。恋愛運・結婚運の意味合いでピンクを取り入れる場合は、優しい雰囲気がある淡いピンクを使って婚活を考えていきましょう。肌がきれいでみずみずしく、若々しさを強みにしていける人であれば、首付近にピンクを持ってくることで肌の透明感が引き立ちます。それから、あなたが、自己主張の強さを思わせる女性ならば、インナーをピンクのものに変えておくと、雰囲気にトゲがなくなり、品の良さ、心の余裕が出てくるはずです。もしも、洋服にピンクを取り入れることに気乗りしない女性は、ハンカチだけピンクに変えてみることから始めましょう。

    仲良しな姉や妹がいる男性と交際している場合、いざ結婚した後のことを考える・・

  • 仲良しな姉や妹がいる男性と付き合っているなら、後々のことを考えるとやっぱり身構してしまう人もいるはず。あなたの立場からすると、結婚したら単に義理の姉もしくは妹かもしれませんが、夫になる人を軸としてみると、大事な家族という事実は変わらないのです。でも、考え方次第では、義理の姉や妹ほど心強い存在はありません。上手に付き合うことができれば、あなたにとってプラスの面も大きいはずです。なぜかというと、女性の最大の味方も、女性であるのは間違いないからです。でも、義母の場合は、そうはうまくいきません。もちろん、すべての人がそうだ、というわけではありませんが、義母というのは、夫婦でケンカした場合に、息子を困らせたくないがために、どのような理由か関係なく息子の嫁であるあなたが問題を起こしていなくても息子の側に立つことが少なくありません。しかし、義理の姉もしくは妹は、あなたを疎ましく感じていないなら、是々非々でジャッジしてくれます。要するに、義理姉妹との付き合いをうまくしていけば、結婚生活も充実したものとなるので安心してください。

    彼氏がいるにはいたのですが、結婚相手に恵まれなかった…

  • 彼氏がいるにはいたのですが、結婚相手に恵まれなかった知人が、この前、結婚相談所で相談して知り合った男性と、とうとう入籍しました。しかし、初めから結婚したいと感じる男性と出会えたわけではなかったようです。結婚となるまでに、3,4人ほど紹介してもらったんだそうです。その中で色々と情報交換をしながら相性が良い男性と出会うことができたのだそうです。そして、二人は、半年程度、交際期間を経たのち結婚しました。ちなみに余談にはなりますが、夫となったその男性には、結婚相談所のローンが残っていたようなのですが、二人を結びつけてくれたことに感謝してローンを返していたとのことです。お金は掛かりますが、本気で結婚したい人には結婚相談所は、良いサービスといえるのではないでしょうか。

    40歳以上の人が、結婚相手になかなか巡り合うことができない…

  • 40歳を過ぎた人たちが、結婚相手になかなか出会うことができない、結婚できない、はおかしいです。40歳以上の人に限らず、本気で結婚したいという気がある、相手に断られてもめげない人であれば結婚の可能性はあるはずです。40歳を超えてなお独身でいる男女は、それぞれが様々な経験をしているため、相手の性格は、こうあるべき、また、年収はいくら必要だし、ルックスは、、みたいにさまざまな要求をしすぎていることが結婚の妨げの原因になっているケースが多々あります。要するに、自分の価値観によって、婚期を遅らせてしまっているのわけです。さらには、40歳以上の方は、一人の期間が長いため楽をしたいという想いもあって、気が付かなくても結婚相手に対して求めることが高くなってしまうようです。自身では気づけないかもしれませんが、客観的に見れば、単に「高望み」なのかもしれません。

    結婚することを真面目に考えたとき、収入も大事なのかと痛感します。

  • 真剣に結婚することを考えると収入も大事なのかと感じます。やはりお金(収入)についての話題は避けて通れません。このことは、実際に自分が婚活を始めて痛感したことです。私の稼ぎは、威張れるほどではないので、それが結婚のチャンスを逃しているのではないでしょうか。そのように考え始めてからは、勘違いかもしれませんが、婚活で知り合った方と会話をしてもなんとなく盛り上がりに欠けます。。。最初は、ただの思い過ごしや被害妄想かもしれないと考えていたのですが、実際にそういった状況に何度も遭遇した結果、やっぱり、婚活では収入が良いほど有利であることは間違いないと確信します。実際に、しっかり稼げている私の知り合いは、婚活をしてから、すぐに相手が見つかり結婚しました。その状況を見てしまうと、さらに婚活が現実的なものだと悟りました。私が婚活を成立させるには、お金の問題をどうにかする必要があります。