私が結構長い間、婚活をしていてわかった事があります。それは何かというと…

私がしばらく結婚活動をやってきて感じる事があります。それというのが・・

  • 私が結構長く結婚活動を続けてみて間違いないと感じる事があります。それは何かというと、看護師と保育士といった仕事は、モテるけど医療関係者や介護職員のような仕事は男性からの受けが良くないし、あまりモテない、ということです。派手で明るい女性はどういうわけか敬遠されやすく、地味で暗い女のほうがなぜか有利になる。地味で暗い女性のほうが有利になる。加えて、整った美人より、かなりブスな人よりも、バランスの良いブスな女性に人気が集中する、ということです。婚活目的のパーティーや合コンのような場で、カップルを見ていると感じることです。この人、暗いなぁ地味だなぁと感じるような場合でも、「職業は看護師です」と一言言うだけで、異性からの人気が集中するから、面白いのですが、納得できません。男性はどうしてそんな気持ちになるのでしょう?以前合コンに参加した際、私と会話で盛り上がっていたはずの男性を遅れて合コンに参加した看護師に取られてしまいました。非常に悔しく思います。

    今の婚活においては、男性の年収が300万円クラスだった場合は・・

  • この頃の結婚相手を探して婚活するのでは、男性の年収が300万円前後だった場合は、経済面を考えると、資格持ちの女性や結婚後も正社員として働ける女性は大きな強みになっています。それが、年収500万円クラスだと、パートタイムでもいちおう働く意思を持っていると、完全には専業主婦にはならないという気持ちを見せて相手からの信頼を勝ち取っておきましょう。そしてまた、700万円以上の場合になると、専業主婦として、育児や家事などを真剣に取り組むということをアピールするのが好ましいです。こういった対策をしていくと男性としては自分の将来に安心感を感じ、パートナーとしての信頼を得やすいのです。それに、時間をムダにすることなく、女性側が婚活の主導権を取れ、選択肢の幅を拡げられるはずです。

    以前、婚活パーティーに参加した時、出会った男性がいました。

  • 前に、婚活が目的のパーティーを通じてある男性と知り合いました。しかし、その人は、職業を詐称していたことがありました!その男性のプロフィールには、医師として働いていて年収は1,000万円を越えると記されていたのですが、全くのでたらめだったのです。もちろん、その職業詐称ついて私も含め、知る人はいませんから、パーティーに同席していた男性の稼ぎを気にする女性たちからは、とても注目されていました。その後、運良く(その時はまだ事実を知りません)私がその男性と気が合い、無事にカップルとなったわけですが、毎回仕事の話をしていると、相手が乗り気じゃない様子でした。「これはへんだ」と思い始めた私は、「友人があなたと同じ病院にいるけど、その人は、あなたを見たこと無いって言ってるけど?」と迫ってみると(カマをかけてみたのですが)、医師ではなく、本当はフリーターであると観念し、白状しました。もちろん嘘をつかれて呆れてしまったので、それ以降あっていません。

    婚活でやっている色々なパーティーに何度か参加してみてわかったのです・・

  • 婚活のための色々なイベントに何度も参加してみてわかりましたが、婚活パーティーに参加するのなら、肌の露出を抑えたファッションの方が間違いなく有利です。当初、脚を出したスカートや、胸が目立つ服、そして、背中がはっきり見える服など、どこかしら肌が見える肌の露出が多い服を選んでいました。そんな服のほうが男性からの反応が良いはずだ、と想像していたのですが、「そんな考えは逆効果だからやめなよ」と男友達に言われ、改めました。恋愛対称となると、露出の多い服装は男性からの受けは良いですが、男性の大半が、本気で結婚相手を選ぶ際、清楚風なファッションをしていた方が婚活時には有利となりやすく、露出が多い子は信用できないとみなされやすいのだそうです。その男友達の言葉を信じ、おとなしめの清楚風な衣装でパーティーに出向いてみると、男性からのリアクションがかなり良くなりました。

    今、婚活仲介の業者はアプリを入れると、メジャーものでも30社を超えます。

  • この時点で、婚活仲介業者は婚活系アプリを含めると、大手の会社だけで30を超えます。要するにそんなに結婚したいという需要があるからだと思います。ですが、ひとりで把握がむずかしく、一体、どの業者を選択したらいいのか決められない方も少なくないとは思います。もしも、そうならあなた自身の属するタイプを把握し、どのような属性にあたるか知ることから始めていきましょう。あなたの年齢、趣味、年収、好きな異性の特徴、社交性、性格など、自分について、事細かに、分析していけば、自分に合った婚活サービスに出会いやすくなります。

    結婚活動において、女性がパートナーを探すとき、一番初めに意識するのは・・

  • 婚活時、女性が相手を探す際、一番初めに注目するのは、相手の清潔感です。たとえものすごい経済力があったとしても、その男性に清潔感が感じられないのなら、女性のほとんどが嫌だと感じます。清潔感に欠けた男性には、結婚はおろか、交際相手としても見向きもされないということが言えます。清潔感というのはそのぐらい、大事な部分ということです。あなたに清潔感が足りていないという自覚があるのであれば、結婚活動を始める前に、普段から清潔な生活習慣、キレイなファッションを意識してみましょう。服装、ヘアスタイル、持ち物、バックの中身など男性が気にしないような点であろうと女性はしっかりと見ているので、婚活で満足いく結果を出すためにも、清潔感の欠けた男性にならないように意識していきましょう。

    婚活では、決まったルールというものはありません。

  • 婚活をする際は、決まったルールというのは存在しません。だから、単独で行動しても問題はありません。しかしながら、単独だと行動する範囲が限られてくるので、その分異性との出会いのチャンスも少ないのが現状ともいえます。自分自身が婚活しているということを周囲の人に知られたくないと思う気持ちが、そのような行動をとってしまうのだとは思いますし、その気持ちもわからないではないです。しかし、もし、自分の理想とする相手と出会いたいと考えるのなら、「結婚仲介業者(結婚相談所など)」に頼るのが無理がなくて良いです。それに、たった一人で結婚活動するよりもはるかに出会いの場は多くなります。当然会費は必要になりますが、結婚は人生の転機に影響を与えるものでもあるので、そういった点を加味すると、さほど高額な費用ではないのかもしれません。

    今まで婚活サイトなどのネットを通じて気に入った異性…

  • あなたはこれまでに結婚活動サイトなどのネットを介して気に入った異性と実際に外で会うことになって、写真とは全くイメージとは違っていた!というような事態はさほど珍しいことではないです。婚活サイト内で見ることができるプロフィール写真は、男女共に実物の3割程度、見た目が良く映っている、と覚えておきましょう。それは時間を掛けて撮影していくなかで、ベストショットを使っていることが多いので、本人を目の前にして「騙された」と思えてしまうのです。最近では、フォトショップみたいな画像加工ができるツールによって、いかようにも修正が可能な時代でもあります。なので、婚活サイトなどネットを通じてパートナーを見つけるつもりなら、相手の真実の容姿は、3割ほどマイナスしてイメージしておくようにしましょう。

    最終目的が結婚である婚活(結婚活動)では、根幹となるルールがあります。

  • 最終目的が結婚である結婚活動(婚活)においては、基本となるルールというものがあります。結婚活動するうえで、最低限のマナーでもあることですが、嘘偽りなく結婚を前提としてパートナーを探す、ということです。例えば今、あなたに彼氏、彼女がいない状態で結婚活動を始めようと考えたとします。その時は、目的として結婚が自分の考えの中にあるのか改めて確認してから行動を始めてください。特に、婚活サイトの登録者は、真面目に結婚を考えていて、真剣な想いで結婚相手を探している人たちばかりです。結婚することが目的でないのに、婚活サイトを利用することは基本的には規約違反扱いになります。そのうえ、真剣に結婚相手を探している人にとっては、迷惑以外の何物でもないのです。もしもあなたが、結婚を意識していないのなら、そしてまた、結婚ではなく、恋愛相手を見つけたいなら、結婚が目的である婚活サイトではなく、恋愛活動アプリを活用してみるのがおすすめです。恋活アプリでは、気軽恋愛をテーマにしていますから、こちらのほうが良いでしょう。

    マッチングアプリや婚活サイトなどを活用する場合、一番に力を入れてほしいのはアバター写真です。

  • 婚活サイト・マッチングアプリなどを利用する場合、一番に重要視してほしいのは写真です。というのは、マッチングアプリ、婚活サイトなどでは、写真が影響をもたらすからです。したがって、マッチングアプリや婚活サイトのプロフィールに掲載するなら顔写真は、ベストな笑顔のものを用意しておいた方が良いです。画像が荒くて顔があまり良く映っていないものが参加者の多数なので、良い出会いを作るためにも、好印象を与えられる写真を載せて気に入られるように気をつけてみましょう。第一印象が最初のきっかけを作ってくれるものですから、あなたの魅力が伝わるようにアングルや、照明具合、服装などにも配慮しておくのが良いかもしれません。しつこく強調しますが、見た目の印象は、大事です。これは、普段の生活の中でも同じことが言えます。ですが、日常とは違いこういったサービスでは、最初から顔を見て話しができませんから見た目の印象は特に大切なものになるのです。チャンスをものにするためにも、「プロフ用画像」をきちんと用意していきましょう。

    「婚活サイトを利用するのは、なんだか怖くて踏み出せない」という風・・

  • 「婚活サイトを利用してみたいけど、怖くて踏み出せない」という風に思っている人もまだ多いと思います。たしかに、婚活アプリができた頃には、婚活サイト内でトラブルに巻き込まれる事例や、あってはならない個人情報流出といった色々とトラブルがありましたが、この頃は、上場企業が経営していたり、色々なトラブルの抑止策が盛り込まれているため、過去のようなリスクを気にすることなく、利用される人も右肩上がりになっているのが現状です。けれどももし、安全性に配慮したいと願うのでしたら、フェイスブックで認証できる婚活サイトを活用してみるのも手です。しかも、基本的にフェイスブックというのは、本名以外では登録ができないので、より安全な形で出会える強みがあります。

    結婚活動(婚活)がうまくいき素敵な人と知り合うことができたら・・

  • 結婚活動がうまくいき素敵な人を見つけられたら、次にするべきはデートです。初デートはあなたの今後を左右する一大イベントでもあります。男性は女性をリードをすることが男として自然のことだと思っている人もいます。この間違った思い込みのせいで、しくじってしまうといったことが多々見受けられるます。確かに女性というのは、そういったシチュエーションでは、受け身でいるものの、男性側が相手のことを何も考えずに、自分勝手になんでも決定してしまうのは、単なる自己中心的考え方です。逆に、何の計画もない優柔不断すぎる男性もダメですが、自分で勝手になんでも決めてしまうといった行動は、相手が不満を感じ、婚活が失敗するキッカケにもなります。女性は自己中が嫌いなので、自己中に映る言動は絶対にしてはいけません。デートというのは、楽しむものですから相手の気持ちを確認しながら、デートを楽しんでください。

    婚活目的のパーティーや婚活サイトなど、活動を通して知り合っ…

  • 結婚活動が目的で開かれるイベント・インターネットのサイトなどで知り合った相手とのデートは、3回まで、と決めておきましょう。なぜなら、1回では相手との相性はなかなか正直なところ、理解できるとは限らないためです。例えば一度目のデートで、「なんだか思っていたのと違うなぁ」とはじめに思っても、その後のデートで相性が良くて盛り上がる可能性もありますし、あるいはその反対となる可能性もあります。なにより、最初のデートとなると互いに緊張していることもありますので本質を見ることは難しいでしょう。ですが、あなたが3回目でも「なんか違う」と思えてしまう相手とはどんなにデートをしていっても、まず、良くなる可能性は無いでしょう。延々とダラダラとデートを重ねても大事な時間を食ってしまうだけなので、諦めて、次に行きましょう。

    「人は外見じゃない、中身が大切だ」と言いますが、これは…

  • 「人は外見じゃない、中身が大切だ」なんて言われますが、正しいし、また間違いでもある、と思います。生涯を共にするとしたら、100%中身は重要な部分です。しかし、残念なことに心理学的には人というのは見た目で相手を判断し、加えてその後の評価にもつながると言われているのです。(しかもたった数秒でです)簡単に言えば、自分の意図しない部分で初対面の相手に対しての印象が決まるということです。そのため、婚活(結婚活動)では、良い印象を相手に与えることが大切なことなのです。毎回張り切っているのがバレバレな服装ブランド物のバッグやアクセサリを持っているばかりでは、常識で考えると普通の感覚をもった女性は引いてしまうこともあるようです。求めているパートナーがそんな系統なのであれば、差支えないのですがあなたが普通の感覚を持った女性をパートナーにしたいなら、ごく普通にしているほうが良いケースも多々あります。いつもの自分でも勝負はできるんです!

    恋愛から結婚、となると壁も多いものです。

  • 恋愛をした上で、結婚をするのはさまざまなハードルを超えていく必要があります。最初の壁として、自身と相手との相性問題や、生活の相違を不満に思わないかどうかです。相性についていうと、趣味やセンスの部分になるかと思います。そして、価値観についていうと、何に重きを置いているか、といったことになるかと思います。家庭やお金、友達それから物などそれぞれに感じる価値観はそれぞれで違っていて当たり前です。生活の部分に関しても、細かく言うと起床時間や、就寝時間も違って当たり前です。すべてが一緒でないといけないわけではありません。そしてまた、似通っている必要もありません。上記にも述べたように、尊重しあえるかどうか(無理なく)、です。それより前に、外見で判断すれば初期の恋愛にすら発展もしません。逆にいうと、婚活の攻略法はそこに尽きる、といっても良いでしょう。とりあえず、相手の内面を見ないと結婚にならないのが現実です。そのため婚活を今後考えるのなら、相手の中身を含むすべてを観察する能力が必要となります。洞察力もあると婚活も有利に進めていけるはずです。

    「結婚したいなら、男性の胃袋をつかむのが近道」と昔から言われていて、聞いたことのある人たくさんいるとは思います・・

  • 「結婚をしたいなら、男の胃袋をつかむべし」と古くから言われています。そして、実際にこれは間違いではありません。その理由は、結婚したなら、普通で考えれば、ともに同じ屋根の下に暮らすことになります。そうすると、もちろん、まいにち一緒に食事することになるので、料理をするのが得意で家庭的な要素を持ち合わせている女性が望まれるからです。ですが、「どういった料理が得意ですか?」と質問されたときに、パスタ・カレーライスと返答するのはあなたのイメージを悪くするので注意しましょう。男性はパスタを軽い食事程度と思っています。また、カレーの場合は、時間がかかる割に、手抜きっぽく感じられるので、スパイスの調合もする、ぐらいでないと得意ですと答えられても男性からの印象もあまり残りません。「あなたはどのような料理が得意ですか?」と男性に質問された場合、おすすめする料理は「親子丼」です。気取ったメニューでもありませんし、家庭的な雰囲気にピッタリなのですが、盛り付けるのが難しいメニューでもあります。そのため、料理の上手な女性だな、と思ってもらうことができますし意外にも男性ウケする一品でもあります。ですので、得意とアピールできるよう、練習してみてはいかがでしょう?