最終目的が結婚である婚活には、基本となるルールが存在します。

最終目的が結婚である結婚活動においては、基本的なルールが存在します。

結婚活動には、基本的なルールがあります。結婚活動するうえで、最低限のマナーでもあるわけですが、真面目な気持ちで結婚を視野に入れて相手を探す、ということです。例えば現在、あなたに彼氏・彼女がおらず結婚活動をしようと考えたとします。その時は、目的として結婚したい気持ちが自分の考えの中に本当にあるのかどうか改めて確認してから行動に移してください。当然ですが、婚活サイトに参加している人たちは、結婚願望が非常につよく、真剣な想いで結婚相手を探しているのです。遊びたい相手が欲しいために、安易な気持ちで婚活サイトの会員になることは基本的にルール違反です。それに、真剣な気持ちで結婚相手を探している人からすれば、迷惑以外の何物でもありません。あなたが、現時点では結婚願望がないのだとしたら、また、結婚目的ではない場合は、婚活アプリではなく恋愛活動アプリでのパートナー探しがおすすめです。恋活アプリでは、恋愛がテーマになっているので、良いと思います。

婚活サイト、マッチングアプリなどを活用する場合、一番に力を入れてほしいのはアバター写真です。

婚活サイト、マッチングアプリなどを使う場合、一番に重要視してほしいのはプロフ写真です。どうしてかというと、婚活サイト・マッチングアプリでは、写真が成否を分けるからです。というわけで、マッチングアプリ、婚活サイトのプロフ用に顔写真は、はっきりとわかる表情のものを用意しましょう。画像が荒くて表情が見づらい画像は印象が良くないので、出会いのチャンスを良くするためにも、使用する画像には気をつけてライバルに差をつけるようにしてください。第一印象が決め手になりますから、あなたの魅力が伝わるように撮影するカメラ、照明の角度、メイクなどにも気を配ってみてください。しつこく強調しますが、見た目の印象というのは、本当に大切です。これは、毎日の生活の中でもいえることです。ただ、日常とは違い婚活サイト上などでは、最初から直接顔を見て話しができませんから写真から伝わる印象というのは特に重要です。婚活を成功させるためにも、「プロフ用画像」に注力してみてください。

「婚活サイトを利用するのは、怖くて踏み出せない」と踏み出せない人は少なくないと思います。

「結婚活動サイトの利用はなんだか怖いし抵抗がある」と先入観を持つ人も少なくないはずです。たしかに、婚活サイトが登場した際は、コミュニティ内でトラブルに巻き込まれる事例や、あってはならない個人情報などの漏洩など色々とトラブルが数々ありましたが、最近では、大手上場企業が運営していたり、色々なトラブルの抑止策が盛り込まれているので、以前ほどリスクもなく、利用者も年々、増加しています。もし、トラブルの種は限りなくゼロにしたいのであれば、フェイスブックと連動した婚活アプリを活用するのが無難です。そして、基本的にフェイスブックは、ニックネームでの登録は規約違反となるため、安全に出会うことができます。

結婚活動がうまくいきいい人と出会うことができたら、その次にするべきは初めてのデートですよね。

結婚活動でいい人を見つけられたら、その次にするべきはデートです。初めてするデートは、本当に大事です。男性側は、女性をしっかりリードしなくては、と思っている人もいます。この勘違いのせいで、初デートをしくじってしまうことが少なくないのです。確かに女性というのは、基本的にそういった場面では、受け身でいるのが普通ですが、男性が相手のことを考えないで、自分で勝手に決めてしまうのは、単なる自己中心的な考え方と言えるでしょう。逆に、何のプランもない優柔不断な男性もダメなのですが、自分で勝手に決めるといった行動は、女性が不満を感じ、婚活が失敗するキッカケにもなります。女性は、自分勝手な人を嫌う傾向がとても強いので、そのような独りよがりな行動は慎みましょう。デートは、楽しむものですから相手に思いやりを持ってデートを思う存分楽しいものにしてください。

婚活パーティー・婚活サイトで出会った相手とするデートで…

結婚活動が目的で開催されるイベント・婚活サイトなど、活動を通して出会った相手とのデートは、3回を上限にしておきましょう。なぜかというと、1度だけではその相手の魅力はまだ分からないからです。万が一、「なんとなくタイプと違うかもしれない」と思っていてもその後のデートで相性が良くて盛り上がる可能性もありますし、またその反対の展開になることもあります。一度目のデートでは、お互いに緊張していることもありますので本質を見ることは難しいと思います。が、3回目のデートでも「「ないな」…と思った相手とはいくらデートの回数を重ねてみたとしても、ほとんどの場合、良くなる展開はまず期待できないでしょう。無意味にダラダラとデートを重ねても大事な時間を失ってしまうだけなので、ご縁がなかったと潔く諦め、次に行きましょう。

「人は外見で判断しない、中身が大切だ」と言いますが、これ・・

「人は外見じゃない、中身が大切だ」なんて言われますが、正しいし、また間違いでもあります。結婚する相手だとしたら、当然、相手の中身は重要な部分です。しかしながら、心理学の観点では人間は見た目(第一印象)で人を判断し、それに加えてその後の評価にもつながるとされているのです。(しかもたった数秒でです)簡単に言えば、自分の意思とは関係なく初対面の相手に対しての印象が決まってしまうということです。そのため、結婚活動では、まずは、良い印象を相手にもってもらう、ということが本当に大事なのです。毎回派手な服装、ブランド物のアクセサリーをまとっているような人は、常識的に考えると庶民の女性だったら少なからず引いてしまうかもしれませんので要注意です。求めている相手がそんな人なら、何も気にしなくて良いのですが、あなたが普通の女性を必要としてるのなら、相手の女性と同じように普通にしているほうが良いケースもたくさんあるのです。着飾らずいつもと変わらない自分でもチャンスは生かせられる、ということです。

恋愛して結婚をするのは乗り越えるべき壁も多いものです。

恋愛を経て結婚していくのは、乗り越えなくてはいけない壁も多く、乗り越えなくてはなりません。例えばあなたと相手との相性、生活の違いといった点を不満に思わないかどうかです。相性に関して言えば、趣味が同じであるとか、好きなものが似ている、でしょうか。そして、価値観に関しては、大切なものは何か、になると思います。家庭・お金・友達・物などそれぞれに感じる価値観は個人によって違って当たり前です。生活に関しても、細かい部分まで言うと起床時間や、就寝時間も違って当然です。すべてにおいて同じでないとうまくいかないわけではありません。また、似通っている必要もありません。先にも記述したように、尊重しあえるかどうか、です。それより前に、見た目だけで判断すれば結婚に影響します。しかし、言い方を変えると、それらをクリアすれば、婚活の難易度はかなり下がります。いずれにしろ、相手の内面を知るまでは、結婚など決断できるわけがありません。そのため婚活をしていく場合は、相手の中身まできちんと観察する能力がポイントになっています。洞察力が鋭くなれば、結婚活動での成功率もアップするでしょう。

男性の胃袋を掴めばいいというのは昔からの定説ですが・・

「結婚したいなら、男の胃袋をつかむのが近道」と昔から言われていて、聞いたことのある人もいるとは思いますが、現実、これは本当のことです。というのも、結婚したなら、一つ屋根の下に暮らすことになります。そうすると、当然、一緒に食事を行うため、料理が得意で家事を嫌がらない女性が魅力的に映るからです。でも、「あなたはどんな料理が得意ですか?」と尋ねられたときに、カレーライス、パスタと返すのは絶対にやめましょう。男性大半は、パスタではお腹がいっぱいになりません。そしてまた、カレーライスの場合は、調理時間は掛かりますが、手抜きっぽく感じられるので、ルウから作る、ぐらいでないと得意料理ですと答えられても男性からの評価が高くはなりません。「得意料理は何ですか?」と尋ねられたときに、お勧めの料理は「親子丼」です。あまり気取った感じもなく、非常に家庭的な雰囲気にピッタリなのですが、食欲をそそる見た目に仕上げるのは難しく、料理の上手な女性だな、と思ってもらうことができますし意外にも男性ウケする一品でもあるのです。なので、実際に作成練習をしてみてください。

いつもの私は、とても明るく、ポジティブなタイプです・・

日常の私は、とても明るいほうで、誰と会話しても意思をハッキリ伝えます。婚活目的で行われるパーティーでは、控えめな大人しい雰囲気の女性を演じてみたかったのですが、これがかなり難しいんです。なりきっていて、自分で恥ずかしくなることもありました。とは言うものの、隣町の婚活目的で行われるパーティーに出席した時は、演じることができたんです。周りが知らない人ばかりという事もあって、勇気を出して、「聞き上手」なおとなしい女性になってみました。普段の私は、かなり話すようにしていましたが、最後まで、わたしから話すのを一切止めて、男性の話をニコニコ頷きながら聞くという至ってシンプルな作戦でいきました。本当のわたしとは真逆な態度が良い結果を出すことにつながりました。

結婚活動(婚活)パーティーに参加しているうちに、毎回でなくとも…

結婚活動パーティーに参加をすると、毎回でなくとも気になる人とLINEの連絡先を交換するケースがあるでしょう。LINEの連絡先を知ったのなら、ためらうことなく、そのパーティー後、速攻で連絡してみましょう。もしかして、すぐに送ると必死すぎて見苦しいと思っている?しかし、婚活というのは、とろとろした行動を取っていると、舞い込んできたチャンスはすぐに去ってしまいます。LINEを交換しても、沈黙の時間がふえるほど、メッセージで交流するキッカケさえも失い、何も良い成果を得られないまま、終わってしまうかもしれません。LINEを直ぐに送るという行為は、言葉がなくとも「私はあなたに関心がありますよ」と伝えることが出来ます。あなたが人見知りでも「私は人見知りだから、恥ずかしいなぁ」と思う気持ちを抑え、次のチャンスにつなげていきましょう。

あなた自身と共通の趣味の異性と出会いたい方には、コンパイベントの中でも、趣味コンがおすすめです。

あなたと同じ趣味を持った異性との素敵な出会いを考える方なら、趣味コンといわれるイベントに参加するのがおすすめです。同じ趣味をもっている人だと、話が合うし、共感できる相手となら、結婚も夢ではないはずです。最近は、趣味コンにもいろんなメニューがあって、ダーツ・卓球・テニスなど細かく分けられた趣味コンがよく開催されているから、ぜひチェックしてみてください。もしもあなたが、趣味の世界に入って楽しい時間を過ごしつつ、異性と知り合ってみたいのなら、一度ぐらいは、趣味コンに参加してみるのもひとつの手だと思います。体を動かすので気分転換にもなりますし、どことなく学生の頃みたいな懐かしい雰囲気もありますし、婚活に興味があるのなら、選択肢に入れてみましょう。

もしも仮に、あなたが社交的ならば、パーティー形式での結婚活動が…

自分についてあなた自身、社交的であると思うなら、パーティーによる結婚活動のほうがいいと思います。というのは普通の婚活サイトの大半は、初めはお見合いできることが多く、やや緊張しながら、相手に自分自身をアピールしていく必要がありのです。ということは、もしも仮に自分が、社交的な自覚があるのなら、大勢の人で行うにぎやかな雰囲気の、パーティーを選んだほうがよいパフォーマンスができ、よりよい成果を残す可能性も高くなるでしょう。またそれに加えて、パーティー形式の場合、参加する方々も開放的な気分であるため、お見合い形式とは違って、和やかな雰囲気でいいパートナー探しのハードルも低く円滑にしていくことができるのではないでしょうか。

結婚相手を探すために結婚活動していることは、近頃となって・・

結婚活動していることは、最近となっては、珍しいものとして扱われることもなくなって、社会に定着してきています。結婚する相手を探すために婚活している、というと以前だと、社会的に、婚期を過ぎた人同士が集まっている暗いイベントという印象を持つ人がほとんどでした。ですが、最近となっては、結婚活動の捉え方が根本から違ってきているのです。先にも記したような、結婚相手に恵まれなかった、から婚活するのではなくパートナーを選ぶ、という捉え方に変わりました。世代を問わず、パソコン・スマホなどで、手短に、パートナーを探すことができる時代にもなりました。ですので、婚活が恥ずかしいという考えも時代遅れなのです。結婚に興味がある、でも、なかなか恋愛に積極的になれない人は、古ぼけた固定観念をおいて、気合を入れて婚活にチャレンジしてみてはどうでしょう?

結婚活動(婚活)をしていると分かりますが、心も体もめちゃくちゃ疲れます。

結婚活動(婚活)をしていると分かりますが、心も体もめちゃくちゃ疲れます。結婚活動をするようになってから、当たり前に恋愛してトラブルもなく結婚できた人たちを見ていると、偉業を成し遂げた人みたいに思ってしまいます。今までの日常生活に結婚活動、というものを加えただけなのにどうして、心身共に疲れがたまるのかなあと冷静に考えてみた結果、「色々と努力することはしているのに、理想とする男性に巡り会えない」ことが最大の原因、という結論になりました。40代になる直前になっても、結婚活動(婚活)していると、自分よりも男性のほうが若いこともあったりして世間知らずや、常識が欠如した人と婚活の場で出会うこともあります。そういったタイプの人と会話するほど大きなストレスがやってきます。自己紹介すらしない人、あいさつしない人、職業が怪しい人など、地雷のような人との婚活はかなり心身に負担が掛かります。私はただ周囲の人たちのように普通に結婚したいだけなのに。

無頓着そうな男性でも、意外と女の人の手も見ています。ですか…

無頓着に見える男の人でも、けっこう女性の手をチェックしています。ですので、メイクがバッチリで素敵なかわいい女性だとしても、手荒れがひどくカサカサだったり、爪のケアが雑だったりすると、ガッカリされてしまうので気を抜かないようにしてください。とはいっても、大掛かりな手間は要らないのでご安心を。水仕事の後や就寝前にキレイな状態を維持するために、しっかりとハンドクリームで保湿するぐらいの簡単なケアで大丈夫です。そうしておくと、指先もきれいな状態を保っておけます。指先のおしゃれにも気を遣って、女性らしさを演出するのはとてもいいことですが、反対にネイルアートに入れ込んでいると男性が引いてしまう可能性が高いので、ケバケバしさを出さないように注意しましょう。

結婚活動をし始めたときは、知人が相性の良さそうな相手を紹介してくれたりする…

結婚活動を始めた際、友人が率先して相性の良さそうな相手を紹介してくれたりすることがよくあり、出会いの場を提供してくれていました。紹介してくれる男性については、前もって、どんなタイプの人が教えてもらっていますから何の心配もなく二人きりで会うことが多かったわけですが、そういった状況になると、食事しながらという場合が多く当然のことながらお酒がある場でもあるし、お互いに大人同士ということもあるので、それとなく愛想よくすると思うんですよ。ところが、会うことになった相手の一人がまともな人とはいえない態度だったのです。終始、深めにかぶっていた帽子も取らず、目も合わせることなく、無愛想な態度をとられました。その空間に二人きりなのに呆れてしましました。そんな風に無愛想な態度をとられると、私が気に入らなかったのかと普通は思うと思うんですよね。なのに、帰ろうということも言わないんです。そうなると私の方でも、混乱してしまって思い切って理由を聞いてみたところ、「俺、人見知りだから、話すのが苦手で」とのこと。それを知り、本当に呆れてしまいました。せっかく、いろんなことを手配して席を設けてくれた友人に申し訳ないと思い、謝りました。私が謝る事じゃないんだけど。